ヒト由来試料・情報等利用研究に関する情報公開について

  • TOP  >  
  • ヒト由来試料・情報等利用研究に関する情報公開について

Published researchヒト由来試料・情報等利用研究に関する情報公開について

当社ではヒト由来試料や情報等を利用して研究を行なっています。その利用にあたっては人を対象とする医学系研究に関する倫理指針、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針や個人情報保護法を遵守しています。
これらの試料・情報の利用には、指針、法律に従って、研究対象者の皆様から同意を取得することを原則としていますが、充分な同意の取得が適わない場合もあります。このような場合、指針・法律に従って、研究利用について広く公開する必要があります。
また、試料・情報を当社以外の第三者に提供して共同して研究を行なう場合や、海外にある者に対し、研究に用いられる試料・情報を提供する場合にも情報の公開が求められる場合があります。当社の研究活動において、公開が求められる試験は以下のリンクから確認できます。

なお、第一三共RDノバーレでは、提供者が特定できないように匿名化された試料・情報を医療機関より入手し、研究に利用していますので、研究利用の中止を希望される場合は、受診された医療機関へご相談ください。

研究倫理指針で公開の求められる研究(2018年10月15日時点)