ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。
ここからヘッダー内メニューです。
  • ホーム
  • サイトマップ
ここからサイト内共通メニューです。
ここから本文です。
このページは、
  1. トップページの中の
  2. 採用情報の中の
  3. キャリア採用の中の
  4. 研究員(臨床分子病理研究 リーダー)
のページです。

研究員(臨床分子病理研究 リーダー)

募集職種 研究員(臨床分子病理研究 リーダー)
募集人数 1名
雇用形態 正社員
入社日 現職を考慮し相談の上、決定します
応募資格 Human pathology, Molecular pathology 分野の博士号取得者(望ましくはM.D. ,Ph.D)、或いは同等の研究経歴を持ち、3年以上の臨床病理診断の経験を有する者
職務内容 創薬研究開発では、標的分子探索、作用メカニズム研究、バイオマーカー研究等、研究テーマ創出の段階から臨床試験まで、さまざまな研究ステージで分子病理解析が必要となります。
第一三共グループの創薬研究の一翼として、トランスレーショナル研究を主導する中核研究者で、以下に例示される研究機能を担当して頂きます。

1) 非臨床・臨床研究における分子病理解析を主導し、トランスレーショナル研究を推進する
2) 分子病理、イメージング・画像解析などの新技術の開発、情報収集、評価、導入を行う
3) 分子病理の中核研究者として、研究を立案・実施し、疾患発症の分子メカニズム、新しい薬剤の作用機作の解明やバイオマーカー探索、更には新規創薬標的探索を行う
実務経験 臨床病理診断に関する知識と実務経験を有し、且つ高いコミュニケーション能力のある方で、特に臨床検体を用いたトランスレーショナル研究をリードし、新技術導入などを提案、実行できる方を募集しています。より好ましくは、上記に加え、海外研究機関での経験や研究チームリーダーの実務経験を有する方、更にはCLIA、CAPなどの認証取得経験、倫理や関連法規の知識・経験を持つ方ですが、必須ではありません。
語学力 海外グループ会社との業務推進に必要な英語力(グローバル電話会議に対応できる語学力)
勤務地 第一三共RDノバーレ 本社
(東京都江戸川区北葛西1-16-13)
給与 経験・能力を考慮し、当社規定により算出します
昇給 年1回
賞与 年2回(7月、12月)
諸手当 裁量労働手当、こども手当、住宅手当、通勤手当、出張手当 等
勤務時間 ①裁量労働時間制(所定勤務時間:7時間45分)
②フレックスタイム制(所定勤務時間:7時間45分)
休日 毎週土曜日・日曜日、祝日、会社設定休日(GW・夏季・年末年始) 等
休暇 年次有給休暇、リフレッシュ休暇、育児休業制度、介護休業制度、ボランティア休暇 等
福利厚生 各種社会保険、社宅制度、財産形成支援制度、自己啓発支援 等
応募方法 履歴書、職務経歴書、研究概要(A4 2枚程度)を下記連絡先まで送付願います。
選考プロセス
  • 書類選考後、一次審査(プレゼン、面接、適性検査)実施。その後、二次審査(面接)を行い、内定となります。
  • ※今すぐ転職できない方も、お気軽にご相談下さい。
連絡先 〒134-8630 東京都江戸川区北葛西1-16-13 管理部 中原宛
電話 : 03-5696-8171
e-mail :nakahara.satoru.ga@rdn.daiichisankyo.co.jp
会社概要
  • 本社所在地〒134-8630 東京都江戸川区北葛西1-16-13
  • 設立年月日2006年10月3日
  • 代表者名代表取締役社長 増村 秀三
  • 資本金50百万円
  • 従業員数360名(2017年12月1日現在)
  • 事業内容医薬品の研究開発に必要な試験用検体及び中間体等の製造の受託
    医薬品の定性分析及び定量分析に関する試験法開発及び試験の受託
    創薬関連技術の評価及び活用等に関するコンサルティング業務の受託
    医薬品の臨床試験関連業務の受託
    前記に付帯関連する一切の事業
ここからフッター内メニューです。

このページの上部へ

ページの終わりです。 ページのトップへ戻ります。